クリスマスを10倍楽しむ!おすすめのクリスマスグッズ7選

■子育てとライフスタイル

12月といえばクリスマス!

街を歩けばイルミネーションやクリスマスミュージックが流れて気分もぐっと華やぎますね。

でも、クリスマスのお祝いってなにをしたらいいの?どういう楽しみ方があるの?

特に、おうちでクリスマスをお祝いするなら、どんなグッズを揃えるとより楽しめる?

そんな疑問を持つ方もいるかもしれません。

今日はクリスマスが大好きな私komaが、アメリカでのクリスマス文化も交えつつ
おすすめのクリスマスグッズをご紹介したいと思います。

こんな人に向けて書いています

☑︎クリスマスの楽しみ方を知りたい
☑︎海外のクリスマス文化も取り入れてみたい
☑︎季節のイベントをセンスよく楽しみたい

クリスマスを10倍楽しむ!おすすめのクリスマスグッズ7選

1.クリスマスツリー

クリスマスといえばクリスマスツリー。

ショッピングモールなどに行くとキラキラと光る大きなツリーが飾られていたりして、野外でツリーを見る機会が増える季節ですが、
おうちにツリーを飾る方も多いかもしれません。

アメリカでは本物の生の木を
クリスマスツリーとして飾るおうちも多いようです。

なんでも、香りが全然違うんですって。

アメリカではツリーハントと言って、クリスマス用のツリーを植えている畑に行って
自分で選んだ木を購入できるそう。

ただ日本ではなかなか、生の木をクリスマスツリーとしてお迎えするのは難しいですよね。

こだわって人工のクリスマスツリーを探すなら、本物志向のアルザスツリーがオススメ。

アルザスは日本で唯一のクリスマスツリー専門店なんです。

お気に入りのツリーがあれば、毎年クリスマスが何倍も楽しみになること間違い無し。

〈アルザス公式HP〉https://alsacetree.com/

created by Rinker
¥13,800 (2022/09/29 01:12:02時点 楽天市場調べ-詳細)
我が家のツリーは180cm
飾り付けがいのある大きさです。

2.ツリーのタペストリー

ツリーは置く場所も片付ける場所もない!という方には、クリスマスツリーのタペストリーもオススメです。

ポスターのように壁に飾って、飾り付けをするだけでも気分が盛り上がりますね。

大きいので写真映えも良し。

くるくるっと巻いて収納できるのも嬉しいポイントです。

created by Rinker
¥2,680 (2022/09/29 01:12:02時点 楽天市場調べ-詳細)
手作りのタペストリーもあたたかみがあって素敵です。

3.アドベントカレンダー

日本でも徐々にブームになりつつあるアドベントカレンダー。

アドベントカレンダーというのは、12月1日からクリスマス当日までの24日間をカウントダウンする、期間限定のカレンダー。

紙や布製のカレンダーに24個のポケットや扉がついていて、
それを毎日一つずつ開けていきます。

この扉やポケットの中には小さなお菓子やプレゼントが入っているんです。

毎日ひとつずつこの扉やポケットを開けていって、楽しみにクリスマスまでの日数を数える。

そんな習慣として、欧米諸国を中心に広く定着しています。

アメリカではいろんなお店がアドベントカレンダーを売り出すので、12月にカレンダーをオープンするのを楽しみにしている子供は多いはず。

中にはワインのアドベントカレンダーもあります。
毎日1本ずつワインを開けて、クリスマスを待ちわびる…。

大人も子供もみんなが楽しみにしていることが伺えます。

木製のアドベントカレンダーは、中身を入れ替えると毎年使えます。

リンツのリンドールが入ったアドベントカレンダー、美味しいこと間違い無し。

リンツ リンドール カウントダウンカレンダー

4.シュトーレン

シュトーレンはドイツ発のクリスマス菓子。

洋酒に漬けたドライフルーツやナッツをバター生地で練り込んだ伝統菓子で、
毎日少しずつ切って食べていき、クリスマスの訪れを待ちます。

日本でもクリスマスシーズンに洋菓子店やパン屋さんでよく見かけるようになりました。

12月はお茶の時間にシュトーレンを食べて、クリスマスに思いを馳せるのはいかがでしょうか。

ロイズ シュトーレン

5.くるみ割り人形

アメリカのオーナメントでよく見かけるのがくるみ割り人形。
これはクリスマスツリーと同じくらい伝統的に飾られてきたよう。

11月末からのクリスマスシーズンには、アメリカの各都市でバレエ団による「くるみ割り人形」が公演するそうで、チケットは即完売する人気ぶりとのこと。

「くるみ割り人形」はクリスマス・イブに起きた不思議な出来事が描かれた作品なので、クリスマスに観劇するのはすごく雰囲気がありますね。

ツリーにもひとつは飾りたい。

くるみ割り人形

6.お菓子の家

アメリカでクリスマスツリーと同じくよく飾られるのが、ジンジャーブレッドハウス。

子供の憧れのお菓子のおうち。
硬いジンジャークッキーを組み立てて、アイシングやお菓子でデコレーションしていきます。

こんな素敵なおうちが飾られていたら、クリスマスシーズンが楽しくて仕方ないですよね。

子供に人気のアクティビティなので、キットなどを使っておうちで一緒に作ってみるのも楽しいかもしれません。

7.ペーパーアイテム

最後に、クリスマスプレゼントを包むペーパーアイテム。

アメリカではクリスマスに限らずラッピング用品が豊富に売られています。

これは、日本のように購入したものを綺麗にラッピングしてもらうことができないので、自分でラッピングすることが多いから。

包装紙や紙袋など、自由に組み合わせて、より豪華に見せるように…

クリスマス柄 包装紙D 10枚ロール10柄セット

そしてこの包装をビリビリに破ってプレゼントを開けるのがアメリカスタイル。

もったいなくて、ついそうっと開封してしまいますが、一度くらいはビリビリに破って開けてみたいかも?

まとめ

いかがでしたか?

意外とまだまだ日本では馴染みのないクリスマス文化が海外にはたくさんありそうです。

クリスマスの楽しみ方は本当にたくさんありますね。

今年、来年…と回を重ねるごとに
もっともっとクリスマスが楽しめますように。

応援クリックありがとうございます!更新の励みになっています。

にほんブログ村 ライフスタイルブログへ
にほんブログ村 ライフスタイルブログ 心地よい暮らしへ
にほんブログ村
タイトルとURLをコピーしました