クリスマスの献立とテーブルコーディネート|野菜のガーリックオイル蒸しレシピ

テーブルコーディネート

クリスマスの献立とテーブルコーディネート|野菜のガーリックオイル蒸しレシピ

メリークリスマスと言わないアメリカのクリスマス

今年は初めてアメリカで過ごすクリスマス。

サンクスギビングを迎えた11月下旬頃から街はすっかりホリデーモードです。

関連記事▷サンクスギビングのお祝いメニューとテーブルコーディネート

そういえば、日本ではクリスマスに「メリークリスマス!」と言いますが、
アメリカではほとんど聞きません。

みんな「Happy Holidays!」って言います。

これは多民族国家ならでは配慮。

もともとクリスマスはキリストの誕生をお祝いする日ですが、

アメリカにはもちろんキリスト教以外の宗教の人もいるし、無宗教の人もいる。

どんな人にも使える挨拶が好まれて、今ではハッピーホリデイ!と言うのが主流になっています。

今までなにも考えずにメリークリスマス!と言っていましたが、なるほどなぁと発見でした。

クリスマスのテーブルコーディネート

さて、今回も買ったお惣菜と簡単に作れるものと、手元にあるアイテムでなんとかお祝いモードを演出しました。

参考▷普段の食卓を手軽におしゃれに変身させるアイディア7選《ホームパーティー/記念日》

今回はスーパーでバルーンを購入してみました。

ぷかぷか風船を浮かべながらのお買い物も帰り道も、なんだか楽しい気持ちに。
そしてお部屋もクリスマスムードに。

こういう装飾もいいですね。

お花はトレジョで購入したユーカリとスプレー薔薇。

10ドルでボリュームばっちりで大満足です。

ツリーはないので、オーナメントもテーブルに。

ホテルデルコロナドのナットクラッカーがいい味を出してくれました。

関連記事▷子連れも楽しいホテル・デル・コロナドのクリスマス記念オーナメントが可愛い!

クリスマスの献立

|前菜盛り合わせ

前菜盛り合わせは、スモークサーモンにケイパーを散らしてオリーブオイルをかけたものに、
サラミ、チーズ、バゲットを用意。

|ブッラータのカプレーゼ

トレジョで買ったブッラータ(フレッシュチーズ)にバジル、トマトを使って作ったカプレーゼ。

クリスマスだし、赤と緑のメニューを入れたくてカプレーゼにしました。

ブッラータが最高においしかった!

|ステーキと野菜のガーリックオイル蒸し

おつまみ代わりに食べられる野菜のガーリックオイル蒸し。
今回は小さめのじゃがいもといんげん、マッシュルームを。

そしてブリストルファームズで購入したパスタサラダも盛り付けました。

早めから飲み始めて、飲みながらステーキを焼くのもなかなか楽しいものです。

|デザートプレート

デザートはどうしても日本のスイーツが食べたかった主人。

ですが、日本人シェフのケーキ屋さんはすべて売り切れ(動くのが遅い)。

結局、日系スーパーで冷凍ロールケーキ・冷凍モンブラン・プチシュークリームを購入して、フルーツと盛り合わせにしました。

アメリカのスイーツも美味しいけど、やっぱり甘さの基準値が違うような気がします😂

|ドリンク

まずはシャンパンで乾杯!

トレジョで購入したハーフサイズのシャンパンは9.99ドル。この値段でシャンパンが飲めるのは嬉しい。

ステーキにはこれまたトレジョの赤ワイン。フルボディでおいしかったです。

安くて美味しい💓それが幸せ😂

ステーキの付け合わせ|野菜のガーリックオイル蒸しレシピ

最後にステーキの付け合わせにぴったりのガーリックオイル蒸しレシピを。

今回は皮付きの小さなじゃがいもがメイン。
必要分を洗って半分に切り、レンジで軽くチンします。
(ラップして1000wで2分くらい。竹串がまぁまぁすっと刺せる感じまで)

マッシュルームは半分に、インゲンは洗って硬いところは切り落としておきます。

フライパンに多めのオリーブオイルと包丁の腹の部分で潰したニンニク、チンしたジャガイモを並べて蓋をして蒸し焼きにします。

じゃがいもに焼き色がついてきたら、マッシュルームとインゲンを入れて、さらに蒸し焼きに。

すべての具材に火が入ったら、塩をしっかりめに振って完成です。

美味しく楽しいクリスマスディナーになりました💓

みなさんはどんなクリスマスでしたか?

関連記事▷ブリストルファームズのお惣菜でお誕生日ディナー|赤ワインに合う絶品おつまみ
クリスマスツリーとクリスマスパーティー【2020】


おうちで簡単にできるテーブルコーディネートや食卓まわりのことを[テーブルコーディネートカテゴリー]にまとめています。

\サンディエゴ情報はこちらから/

タイトルとURLをコピーしました