大吉より縁起のいい「大福」!西宮神社のおみくじで大福が出る確率は?

■子育てとライフスタイル

大吉より縁起のいい「大福」!西宮神社のおみくじで大福が出る確率は?

毎年、西宮神社の十日戎にお参りに行っています。

西宮神社はえびす神社の総本社。十日戎では福男選びが有名ですが、神社内は福笹が販売されるなど、とにかく福々しい雰囲気。

初めて訪れたときびっくりしたことを覚えています。

大吉よりも縁起のいい「大福」がある

さて、2020年の初詣でおみくじをひいたときのこと。

なんと、夫婦そろって「大福」でした。

おみくじを振って、引いた棒に書かれた番号を巫女さんに伝えるシステムですが、なにやら漢字が書いてあって(数字じゃない…と思いながら)

「大…大、福??(和菓子でももらえるの?)」と伝えると、

巫女さん「大福ですね!それ、大吉よりもいいんですよ!」と。

(和菓子じゃなかった)

え〜、そんなのあるの?とぽかーんとしてたら、隣のレーンで引いていた主人も、

「あ、大福だ・・・!」

巫女さん「え〜!!今年きっといいことありますよ!!」と。

すかさずその確率を巫女さんに聞く理系男子の主人。

西宮神社のおみくじで大福が出る確率は?

巫女さん曰く、大福が出るのは21分の1なんだそう。

気づけばまわりが少しざわついていました(照)

二人揃って大福が出るなんて、ほんとに結構珍しいことかもね〜と、いい思い出になりました。

ところで私、結構、おみくじで大吉を引くんです。
実はえべっさんに行く数日前、近所の神社でひいたおみくじも大吉でした。

今までの経験上、大吉が出た年が必ずしもいい1年というわけではなかった気がするので、「大吉」とはいえ単なる二字熟語である、

つまりいい年かどうかはやっぱり自分次第というか、普段どう生きてるかが大事なんだろうな〜という感覚もあるのですが。(もちろん大吉が出た時はなんとも縁起のいい気持ちになりますが♡)

関連記事▷運を良くするためにやっているシンプルな7つのルール

今年はあることに気づきました。

私が大吉を出す時の前提条件。

それは、主人と一緒にいること

ちなみに、先ほど書いた通り、今年初めてひいたおみくじは私が大吉で、主人は凶でした。

となると、私が主人の運を吸い取っているのか。爆

そう捉えることもできるんだけど、私自身はそうとは思ってなくて。

本当になんとなくですが、私は主人と一緒にいるとき、あらゆる欲から解放されているような気がするんです。

主人の隣にいる時はすごく「無欲」。

おみくじを引く時も、「もしかしたら大吉かも〜」とか、思わなくもないんですが、なんというのか

隣に主人がいるだけで、何が出ても怖くないというか…。

そういう欲のない状態は、もしかしたらいい気が巡っているのかもしれません。

大吉が出るときってそんな感じなのかな〜と思った新年の始まりでした。

不思議なもので、強く願いすぎるとそれが執着に繋がって、かえって遠のいてしまう。物事ってそんな風になっている部分も、あるのかもしれないですね。

さて、西宮神社で大福を出した当方。帰路につく途中、後ろの方で若い女性の声が聞こえてきました。

「でもさ、私らも二人揃って大福出した人たち見れたし結構、運良くない!?」

…もしかして、私たちのことですか?(照)

大福のおみくじには

「このみくじにあたる人は、心正しく身を慎むならば
禍は福に転じ、福徳円満にして周囲をも幸せにします。」

と書いていました。

今日このブログを読んでくださったみなさまにも、たくさんの福が舞い込みますように。

こちらもオススメ▷運を良くするためにやっているシンプルな7つのルール

タイトルとURLをコピーしました